【Plugin】『Digirisk』(versions 6.0.0.0 以下) Cross Site Scripting (XSS)の脆弱性

WordPressのDigiriskというバージョン6.0.0.0以下には、CVE-2023-5946という脆弱性が存在します。
この脆弱性は、Cross Site Scripting(XSS)と呼ばれる攻撃手法によって悪意のあるコードが挿入される可能性があるものです。

この脆弱性が存在するバージョンでは、攻撃者はDigiriskのウェブサイトにアクセスし、ユーザーが入力した情報やセッションクッキーなどの個人情報を盗み出すことができます。
また、攻撃者は悪意のあるスクリプトを実行させることで、ユーザーのブラウザ上で任意の操作を行うことも可能です。

幸いなことに、この脆弱性は脆弱性修正済バージョンである6.1.0.0で修正されています。
したがって、Digiriskのユーザーはできるだけ早く最新バージョンにアップデートすることを強くおすすめします。
アップデートにより、この脆弱性を悪用されるリスクを大幅に低減することができます。

セキュリティは常に重要な要素ですので、WordPressのDigiriskを使用しているユーザーは定期的なバージョンチェックとアップデートを行うことを忘れないようにしましょう。
また、セキュリティプラグインの導入や適切なパスワードの使用など、追加のセキュリティ対策も検討することをおすすめします。

脆弱性情報を受け取る