【Plugin】『Hotjar』(versions 1.0.15 以下) Cross Site Scripting (XSS)の脆弱性

Hotjarは、ウェブサイトのユーザー行動を追跡し、分析するためのツールです。
しかし、Hotjarのバージョン1.0.15以下には、重大な脆弱性が存在します。
この脆弱性は、Cross Site Scripting(XSS)と呼ばれる攻撃手法に関連しています。

この脆弱性を悪用する攻撃者は、Hotjarを使用しているウェブサイトに対して、悪意のあるスクリプトを埋め込むことができます。
これにより、ウェブサイトの訪問者は、攻撃者が用意したスクリプトによって、個人情報やセッション情報が盗まれる可能性があります。

現時点では、Hotjarはこの脆弱性を修正するためのバージョンを提供していません。
したがって、Hotjarを使用しているウェブサイトの管理者は、注意が必要です。
攻撃者がこの脆弱性を悪用する可能性があるため、ウェブサイトのセキュリティを強化するための対策を講じることが重要です。

具体的な対策としては、Hotjarのバージョンを最新のものにアップデートすることが挙げられます。
また、ウェブサイトの入力フォームやコメント欄など、ユーザーが入力する箇所に対して適切な入力検証やエスケープ処理を行うことも重要です。
さらに、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の導入やセキュリティテストの実施も推奨されます。

Hotjarを使用しているウェブサイトの管理者は、この脆弱性に関する情報を把握し、適切な対策を講じることで、ウェブサイトのセキュリティを確保する必要があります。

脆弱性情報を受け取る