【plugin】『Gravity Forms: Multiple Form Instances』(versions 1.1.1 以下) Unauthenticated Full Path Disclosureの脆弱性

脆弱性の概要

  • プラグイン/テーマ名: Gravity Forms: Multiple Form Instances
  • 影響バージョン: 1.1.1 以下
  • 脆弱性タイプ: Unauthenticated Full Path Disclosure
  • CVE ID: CVE-2024-6550
  • 重大度: 中
  • 公式ページURL: https://wordpress.org/plugins/gravity-forms-multiple-form-instances/

脆弱性の解説

今回お伝えするのは、WordPressプラグイン「Gravity Forms: Multiple Form Instances」における脆弱性についてです。

この脆弱性は、未認証のユーザーがフルパスを開示できるというものです。

具体的には、特定のリクエストを送信することで、サーバー上のファイルパスが表示されてしまう可能性があります。

これにより、攻撃者はサーバーのディレクトリ構造を把握し、他の攻撃手法を試みるための情報を得ることができます。

影響範囲としては、バージョン1.1.1以下のすべてのインスタンスが該当します。

脆弱性の背景

この脆弱性は、プラグインのコード内で適切なエラーハンドリングが行われていないことが原因です。

エラーメッセージにフルパスが含まれてしまうことで、外部からのアクセスに対して情報が漏洩するリスクが生じます。

このような脆弱性は、過去にも他のプラグインやテーマで発見されており、開発者がエラーメッセージの取り扱いに注意を払う必要があることを示しています。

対策方法と影響

この脆弱性に対する対策としては、プラグインを最新バージョンである1.1.2にアップデートすることが推奨されます。

アップデートを行わない場合、攻撃者にサーバーのディレクトリ構造を把握されるリスクが高まり、他の攻撃手法を試みられる可能性があります。

そのため、早急にアップデートを行うことが重要です。

専門用語の解説

  • フルパス: サーバー上のファイルやディレクトリの完全なパス情報。
  • エラーハンドリング: プログラムがエラーを検出し、適切に処理する方法。
  • 未認証のユーザー: ログインしていない、または認証されていないユーザー。
  • ディレクトリ構造: サーバー上のフォルダやファイルの配置や階層。

情報元

This record contains material that is subject to copyright

Copyright 2012-2024 Defiant Inc.

License:Defiant hereby grants you a perpetual, worldwide, non-exclusive, no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare derivative works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute this software vulnerability information. Any copy of the software vulnerability information you make for such purposes is authorized provided that you include a hyperlink to this vulnerability record and reproduce Defiant’s copyright designation and this license in any such copy. Read more.

脆弱性情報を受け取る