【plugin】『Social Sharing Plugin – Kiwi』(versions 2.1.7 以下) Information Disclosureの脆弱性

脆弱性の概要

  • プラグイン/テーマ名: Social Sharing Plugin – Kiwi
  • 影響バージョン: 2.1.7 以下
  • 脆弱性タイプ: Information Disclosure
  • CVE ID: CVE-2024-3228
  • 重大度: 中
  • 公式ページURL: https://wordpress.org/plugins/kiwi-social-share/

脆弱性の解説

今回お伝えするのは、WordPressのプラグイン「Social Sharing Plugin – Kiwi」に関する脆弱性です。

この脆弱性は、バージョン2.1.7以下に存在し、情報漏洩(Information Disclosure)のリスクを引き起こします。

具体的には、攻撃者が特定の条件下でプラグインを悪用し、ユーザーの機密情報にアクセスする可能性があります。

この脆弱性が悪用されると、ユーザーの個人情報やサイトの設定情報が漏洩する恐れがあり、サイトのセキュリティが大きく損なわれることになります。

脆弱性の背景

この脆弱性は、プラグインの特定の機能が適切に保護されていないことに起因します。

歴史的に見ても、情報漏洩は多くのウェブサイトにとって重大な問題であり、特にWordPressのような広く使用されているプラットフォームでは、その影響が大きくなります。

このため、開発者は常に最新のセキュリティ対策を講じる必要があります。

対策方法と影響

この脆弱性を修正するためには、プラグインをバージョン2.1.8にアップデートすることが推奨されます。

アップデートを行わない場合、攻撃者による情報漏洩のリスクが高まり、サイトの信頼性やユーザーの安全が脅かされる可能性があります。

したがって、できるだけ早くアップデートを行うことが重要です。

専門用語の解説

  • CVSS: Common Vulnerability Scoring Systemの略で、脆弱性の重大度を評価するための標準的なスコアリングシステムです。
  • CVE: Common Vulnerabilities and Exposuresの略で、公開されている脆弱性に対して一意の識別子を付与するシステムです。
  • Information Disclosure: 情報漏洩のことで、意図しない形で機密情報が第三者に漏れることを指します。

情報元

This record contains material that is subject to copyright

Copyright 2012-2024 Defiant Inc.

License:Defiant hereby grants you a perpetual, worldwide, non-exclusive, no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare derivative works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute this software vulnerability information. Any copy of the software vulnerability information you make for such purposes is authorized provided that you include a hyperlink to this vulnerability record and reproduce Defiant’s copyright designation and this license in any such copy. Read more.

脆弱性情報を受け取る