【plugin】『Attachment File Icons (AF Icons)』(versions 1.3 以下) Cross-Site Request Forgery to Arbitrary File Uploadの脆弱性

脆弱性の概要

  • プラグイン/テーマ名: Attachment File Icons (AF Icons)
  • 影響バージョン: 1.3 以下
  • 脆弱性タイプ: Cross-Site Request Forgery to Arbitrary File Upload
  • CVE ID: CVE-2024-6309
  • 重大度: 高
  • 公式ページURL: https://wordpress.org/plugins/attachment-file-icons/

脆弱性の解説

今回お伝えするのは、WordPressプラグイン「Attachment File Icons (AF Icons)」に発見された脆弱性についてです。

この脆弱性は、Cross-Site Request Forgery (CSRF) と Arbitrary File Upload の組み合わせにより発生します。

攻撃者は、ユーザーが意図しない操作を行わせるために、特別に作成されたリンクをクリックさせることができます。

これにより、任意のファイルをアップロードすることが可能となり、最悪の場合、サーバーの完全な制御を奪われるリスクがあります。

脆弱性の背景

この脆弱性は、プラグインのファイルアップロード機能におけるCSRF対策が不十分であることに起因しています。

CSRF攻撃は、ユーザーが認証済みの状態で悪意のあるリクエストを送信させる手法であり、これにより攻撃者はユーザーの権限を利用して不正な操作を行うことができます。

歴史的に見ても、CSRFは多くのウェブアプリケーションで問題となっており、その影響は非常に大きいです。

対策方法と影響

この脆弱性を修正するためには、プラグインの開発者が提供する最新の修正済みバージョンにアップデートすることが推奨されます。

現時点では、修正済みバージョンの情報は不明ですが、公式ページを定期的に確認し、アップデートがリリースされた際には速やかに適用してください。

アップデートを行わない場合、攻撃者による不正なファイルアップロードやサーバーの制御奪取といった重大なリスクが存在します。

専門用語の解説

  • Cross-Site Request Forgery (CSRF): ユーザーが意図しない操作を行わせる攻撃手法。
  • Arbitrary File Upload: 任意のファイルをサーバーにアップロードすることができる脆弱性。
  • CVE: Common Vulnerabilities and Exposuresの略で、公開されている脆弱性情報の識別番号。
  • CVSS: Common Vulnerability Scoring Systemの略で、脆弱性の重大度を評価するためのスコアリングシステム。

情報元

This record contains material that is subject to copyright

Copyright 2012-2024 Defiant Inc.

License:Defiant hereby grants you a perpetual, worldwide, non-exclusive, no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare derivative works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute this software vulnerability information. Any copy of the software vulnerability information you make for such purposes is authorized provided that you include a hyperlink to this vulnerability record and reproduce Defiant’s copyright designation and this license in any such copy. Read more.

脆弱性情報を受け取る