【plugin】『Product Designer』(versions 1.0.33 以下) Missing Authorization to Unauthenticated Arbitrary Attachment Deletionの脆弱性

脆弱性の概要

  • プラグイン/テーマ名: Product Designer
  • 影響バージョン: 1.0.33 以下
  • 脆弱性タイプ: Missing Authorization to Unauthenticated Arbitrary Attachment Deletion
  • CVE ID: CVE-2024-3608
  • 重大度: 中
  • 公式ページURL: https://wordpress.org/plugins/product-designer/

脆弱性の解説

今回お伝えするのは、WordPressのプラグイン「Product Designer」に関する脆弱性です。

この脆弱性は、バージョン1.0.33以下に存在し、未認証のユーザーが任意の添付ファイルを削除できるというものです。

具体的には、適切な認証が行われていないため、悪意のある第三者が特定のリクエストを送信することで、サイト上の重要なファイルを削除することが可能となります。

この脆弱性が悪用されると、サイトのコンテンツが破壊されるリスクがあり、運営者にとって重大な影響を及ぼす可能性があります。

脆弱性の背景

この脆弱性は、プラグインの認証機構に欠陥があることに起因しています。

WordPressプラグインは多くの機能を提供する一方で、セキュリティ対策が不十分な場合、今回のような脆弱性が発生することがあります。

特に、ユーザーの認証や権限管理が適切に行われていない場合、未認証のユーザーによる不正な操作が可能となり、サイト全体のセキュリティが脅かされることになります。

対策方法と影響

この脆弱性に対する対策としては、プラグインを最新バージョンに更新することが最も効果的です。

公式ページや開発者から提供されるアップデートを適用することで、脆弱性が修正され、未認証のユーザーによる不正なファイル削除を防ぐことができます。

もしこの対策を行わない場合、サイトの重要なファイルが削除されるリスクが高まり、サイトの運営に重大な支障をきたす可能性があります。

専門用語の解説

  • CVSS: Common Vulnerability Scoring Systemの略で、脆弱性の重大度を評価するための標準化されたスコアリングシステムです。
  • CVE: Common Vulnerabilities and Exposuresの略で、公開されている脆弱性に対して一意の識別子を付与するためのシステムです。
  • 未認証: 認証されていない状態を指し、ユーザーがログインしていない、または適切な権限を持っていないことを意味します。
  • 添付ファイル: サイトにアップロードされたファイルのことを指し、画像やドキュメントなどが含まれます。

情報元

This record contains material that is subject to copyright

Copyright 2012-2024 Defiant Inc.

License:Defiant hereby grants you a perpetual, worldwide, non-exclusive, no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare derivative works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute this software vulnerability information. Any copy of the software vulnerability information you make for such purposes is authorized provided that you include a hyperlink to this vulnerability record and reproduce Defiant’s copyright designation and this license in any such copy. Read more.

脆弱性情報を受け取る