【plugin】『Email Subscribers by Icegram Express – Email Marketing, Newsletters, Automation for WordPress & WooCommerce』(versions 5.7.23 以下) Unauthenticated SQL Injection via optinの脆弱性

脆弱性の概要

  • プラグイン/テーマ名: Email Subscribers by Icegram Express – Email Marketing, Newsletters, Automation for WordPress & WooCommerce
  • 影響バージョン: 5.7.23 以下
  • 脆弱性タイプ: Unauthenticated SQL Injection via optin
  • CVE ID: CVE-2024-5756
  • 重大度: クリティカル
  • 公式ページURL: https://wordpress.org/plugins/email-subscribers/

脆弱性の解説

今回お伝えするのは、WordPressプラグイン「Email Subscribers by Icegram Express – Email Marketing, Newsletters, Automation for WordPress & WooCommerce」に発見された脆弱性についてです。

この脆弱性は、バージョン5.7.23以下に存在し、未認証のSQLインジェクション攻撃が可能です。

攻撃者は、特定のパラメータを操作することで、データベースに不正なSQLクエリを実行させることができます。

これにより、データの漏洩や改ざん、さらにはシステム全体の乗っ取りが発生する可能性があります。

脆弱性の背景

この脆弱性は、プラグインのオプトイン機能における入力検証の不備が原因で発生しました。

SQLインジェクションは、データベースと連携するウェブアプリケーションにおいて、入力データが適切にエスケープされない場合に発生する一般的な脆弱性です。

過去にも同様の脆弱性が多くのシステムで発見されており、その影響は非常に大きいです。

対策方法と影響

この脆弱性を修正するためには、プラグインをバージョン5.7.24にアップデートする必要があります。

アップデートを行わない場合、攻撃者によるデータベースの不正操作が可能となり、サイトのセキュリティが大きく損なわれるリスクがあります。

特に、個人情報や機密情報を扱うサイトでは、早急な対応が求められます。

専門用語の解説

  • SQLインジェクション: データベースに対する不正なSQLクエリを実行させる攻撃手法。
  • エスケープ: 特殊文字を無害化するための処理。
  • オプトイン: ユーザーが自発的にサービスに登録すること。
  • 未認証: 認証されていない、つまりログインしていない状態。
  • 脆弱性: システムやソフトウェアのセキュリティ上の欠陥。

情報元

This record contains material that is subject to copyright

Copyright 2012-2024 Defiant Inc.

License:Defiant hereby grants you a perpetual, worldwide, non-exclusive, no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare derivative works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute this software vulnerability information. Any copy of the software vulnerability information you make for such purposes is authorized provided that you include a hyperlink to this vulnerability record and reproduce Defiant’s copyright designation and this license in any such copy. Read more.

脆弱性情報を受け取る