【plugin】『WordPress prettyPhoto』(versions 1.2.3 以下) Authenticated (Contributor+) Stored Cross-Site Scripting via url Parameterの脆弱性

詳細

WordPress の prettyPhoto プラグインは、1.2.3 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、’url’ パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、コントリビューターレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。

解決方法

既知のパッチはありません。脆弱性の詳細を確認し、組織のリスク許容度に基づいて緩和策を講じてください。影響を受けるソフトウェアをアンインストールし、代替ソフトウェアを見つけることが最善かもしれません。

情報源

This record contains material that is subject to copyright

Copyright 2012-2024 Defiant Inc.

License:Defiant hereby grants you a perpetual, worldwide, non-exclusive, no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare derivative works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute this software vulnerability information. Any copy of the software vulnerability information you make for such purposes is authorized provided that you include a hyperlink to this vulnerability record and reproduce Defiant’s copyright designation and this license in any such copy. Read more.

脆弱性情報を受け取る